婦人

絶対に損はさせない|賢く不動産売却をするポイントを伝授

住宅ローン滞納後の対処

一軒家

不慮の事態により、住宅ローンを滞納してしまうと、やがて自宅を差し押さえられてしまいます。早ければ2ヶ月の滞納で銀行は代位弁済のため、債権を保証会社へ売ることになります。そうなるとローンの残債を一括で支払うように要求され、それができなければ競売される流れとなります。そのような事態を避けるためには、任意売却に詳しい業者に相談することが必要です。できれば早い段階で相談することで、最悪の事態は避けられます。けれども競売が決定した後でも、実は対策を立てることは可能です。ただしそのためには、多くのノウハウを持つ任意売却専門の業者に相談することが必要です。どのような状況にあっても相談に応じてくれるので、頼りになる存在です。

住宅ローンを滞納すると、基本的に銀行は代位弁済を進める手続きに入ります。任意売却を持ちかけても、断られるケースは多いものです。その理由は、代位弁済ならば保証会社からローン残債全てを受け取ることができます。けれども任意売却となると、未回収となる金額が発生するリスクが生じます。そこで、任意売却専門の業者に相談して、銀行と交渉することになります。上手く交渉がまとまれば、ローンの残債も分割で支払うことができますし、また引っ越しなどの費用を捻出することも可能となります。ただしそのための期間を定められることになるので、早期の売却は必要となります。もし滞納から放置してしまい、役所から差し押さえの通知が来たとしても、業者に相談すれば役所とも交渉することができます。